松本めぐみさん


「東宝映画」1966年5月号「'66のホープたち」より。


プロフィール

本名・池端美恵子(旧姓・松本)。昭和22年12月9日生まれ。昭和41年、日本音楽学校附属高校卒。昭和39年、『赤ひげ』の“まさえ”役応募を機会に、同年東宝と契約。趣味は観劇、服飾デザイン、ヨット。身長158cm、体重42kg。CXのクイズ番組『ズバリ!当てましょう』のアシスタントも務めた。現在は加山雄三夫人です。

(参考文献・「東宝映画」1966年1月号、1968年1月号。なお、出身地は、前者では東京、後者では大阪となっている)


主な出演作(と役柄)

映画(特に表記のないものは全て東宝)
【1965年】
『エレキの若大将』…規子(京南大学生。アイビー・シスターズというバンドでドラムを担当)
【1966年】
『パンチ野郎』…黒木弘子(主人公・黒木吾郎/黒沢年男の妹。レーサーの和田進/和久田龍に熱を上げている)
『落語野郎・大馬鹿時代』…和子
『お嫁においで…邦子(露木昌子/沢井桂子と同じホテルで働くウエイトレス)
『石中先生行状記』…渋川カナ子(渋川修理店の娘。売れっ子テレビ作家・石中石次郎/宝田明に想いを寄せる)
【1967年】
『ドリフターズですよ!前進前進また前進』…ヤッコ
【1968年】
『社長繁盛記』
…典子(高山物産社長・高山圭太郎/森繁久彌の長女)
『続・社長繁盛記』…典子(前作と同役)
『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている』…雅子
『年ごろ』…高木マリ
『砂の香り』…橋本恵子
【1969年】
『娘ざかり』…坂田信子(主人公・中島陽子/内藤洋子の親友で、城北大学の同級生。自動車部に入部する)
『日本一の断絶男』…アポロ食品秘書
【1970年】
日活『女の警察・乱れ蝶』…黒木洋子

テレビ
【1964年】
TBS「七人の孫」

TBS「さぼてん」
【1965年】
TBS「光る海」
【1966年】
NTV「遊撃戦」(第4話ゲスト)…
NTV「これが青春だ」…小野雪子(南海高校生徒。2年D組)
【1967年】
NTV「桃太郎侍」
NTV「しっぽのある女」
【1968年】
CX「船場」(※番組開始は1967年から)
NTV「東京バイパス指令」(第1話「花火の罠」ゲスト)…由井アキコ(花火工場・由井煙火店の娘)
CX「東京コンバット」(ゲスト)…
【1969年】
NTV「おやじとオレと」
NTV「えり子とともに」…郁子(河村えり子/内藤洋子の友人)
NET「夫よ男よ強くなれ」(第 話「さぁ離婚しましょう」ゲスト)…
MBS「喜劇・花も嵐も」…主人公/加東大介の次女
NTV「右門捕物帖」(第9話「九番手柄 浮世絵三人娘」ゲスト)…
TBS「新・平四郎危機一発」(12月10日放映分 第 話「邪魔者は消せ」ゲスト)…光子
【1970年】
NTV「竹千代と母」
NTV「オドロキ桃の木騒動記」
TBS「ザ・ガードマン」(6月26日放映分 第 話「怪談・ミイラ墓の幽霊」ゲスト)…
TBS「ザ・ガードマン」(10月2日放映分 第 話「チエミのモーレツ女課長を殺せ!」ゲスト)…冷子(ゲストヒロイン/江利チエミが勤める会社の専務?秘書)
CX「銭形平次」(第233話「恋文悲願」ゲスト)…お喜代(藩の不正を追及する倉田仙三郎/舟木一夫を慕う娘)

(出演作品情報提供…由美子さん、市村さん。また、「テレビドラマデータベース」も参照しています。2002年4月14日現在)


関連記事紹介

「東宝映画」1966年5月号
'66のホープたち

テレビの世界で甘やかされて育った私は、下積みの苦労も知らず、相当増長しているのではないかと思っています。今度東宝に入り、きっと今までに経験した事のない大きな悩みにぶつかるでしょう。どんなつらい事にも負けないで一生懸命努力して誰からも好かれる女優になれるよう頑張ります。私の夢は原作を読んでやりたいと思った役を演じる事です。最近ではこれは映画ですが「シベールの日曜日」のシベールのような役がとてもやりたいです。でも、今度、『石中先生行状記』に抜擢され、出演することになったのは一生忘れることのできない感激です。


「東宝映画」1968年8月号
スター ミニ・ニュース


近く『砂の香り』の撮影に入る松本めぐみさん。水泳は得意のスポーツなのよと彼女。「どんなに忙しくても、プールにはせっせと通います。今年は仕事にも遊びにも充実した夏が過せそう」と言ってにっこり。


「東宝映画」1969年11月号
(巻頭)11月のことば


松本
「ふたりで会うのは『娘ざかり』の撮影以来ね。ソノ後、オ変リゴザイマセンカ」

高橋「全然ゴザイマセン。めぐみちゃんは」
松本「うん、念願のヨーロッパ旅行にいくんで準備に大いそがし」
高橋「いいなーあ。厚子もお金を貯めよう」
松本「いま、厚ちゃんはなに撮ってるの」
高橋「『日本一の断絶男』。笑ってばかりいるの。お土産たくさんお願いします」
松本「かわいいお土産を、一つだけね」

松本めぐみさん(左)と高橋厚子さん(右)。



inserted by FC2 system