飛び出せ!青春

19話「北海道へは着いたけど」
脚本・鎌田敏夫  監督・高瀬昌弘

「飛び出せ!青春」ビデオジャケット
ビデオはバップから発売中。Vol.1のみ
2,800円、Vol.2〜22は各4,800円(税別)


日テレ青春ドラマ中屈指の人気を誇る『飛び出せ!青春』にも小林夕岐子さんがゲスト出演されています。この19話「北海道へは着いたけど」は、藤山律子さん、山田はるみさんもゲストという豪華版(その代わり酒井和歌子さんが登場しません)。

今回の小林夕岐子さんの役名は「ユキコ」、玉川良一さん演じる旅館の主人の長女で、山田はるみさんはその妹役のようです。藤山律子さんは、ヒッチハイクしようとした片桐たちの前を通りかかる女の子の一人を演じていました。


ストーリー
夏休み、他のクラブはどこも合宿に行っているのに、年間予算2千円の太陽学園サッカー部はどこにも行けない。今年の予算はあと28円しか残っていないのだ。部長の河野武(村野武範)は、アルバイトで旅費を貯めて北海道で合宿することを計画。武の先輩が北海道で牧場を経営しており、そこで働けば、寝泊りの面倒は見てもらえるというのだ。

部員達は初めての北海道旅行で欣喜雀躍、ゲームにマージャンにとはしゃぎ回り、船上でのトレーニングにも出てこない。彼らの軽薄さに腹を立てた武は一計を案じ、フェリーが釧路に着くや、全員の財布を取り上げてしまった。そして改めて各自に400円ずつ渡し、これで目的地の阿寒まで今日中に着けと命じた。阿寒までのバス代は560円、しかもお昼御飯も食べなければならない。これが北海道で最初のトレーニングだ。武は自ら範を示し、徒歩で阿寒へ向かった。

パチンコで元手を増やそうとして逆に一文無しになってしまうグループ、途中で皿洗いのバイトをさせられるグループ、ヒッチハイクで若い女の子の車に乗せてもらうものの、車内でオナラをして降ろされてしまうグループなど、部員達の道中は波乱万丈である。

その一方、武は目的地寸前で、ある旅館の主人(玉川良一)から娘の花婿と間違われて追い回される羽目に。果たして彼らは無事に目的地に辿り着けるのだろうか。


小林夕岐子さん出演場面の紹介

山田はるみさんらに車で拉致?され、ある旅館に連れて来られた武。彼の姿を見た旅館の主人(玉川良一)は、血相を変えて「もう逃がさんぞ」と武を殴りつけます。そこへ

「タカシさん!」

と、文金高島田の花嫁・小林夕岐子さん登場。美しすぎます(;´Д`)。

「タカシさん、やっぱり帰って来てくれたのね」


「いや、僕はタカシじゃない、武です、タケシ」と必死に弁明する武ですが、主人はまるで聞き入れません。「この野郎まだそんなこと言ってやがる!」と武をこっぴどく殴ります。何が何だか分からない武。小林夕岐子さんが思わず

「お父さん、乱暴しないって約束でしょ!」

とたしなめる様に言いますが、玉川良一パパは「こんな奴は殴んなきゃわかんないんだ」と興奮冷めやらぬ様子。無理やり紋付袴を着せられた武は旅館を逃げ出し、父親らが武を追いかける。小林夕岐子さんは山田はるみさんらに付き添われて玄関へ出て来ます。

「お父さん乱暴しないでー!」

町でコミカルな追いかけっこが展開されますが、とうとう武は捕まり、旅館に連れ戻されます。ところが父親はそこで、武が赤の他人であることを知らされ唖然。そこへ帰ってきた本当の花婿・タカシ(村野武範・二役)は、武とまさしく瓜二つの青年でした。本編映像は合成ですが、ちょっと見ただけではそれとは分かりません。

その後、父親が事の経緯を武に打ち明けます。タカシはこの旅館の板前で、どういうわけか娘と相愛になってしまった。やっとのことで結婚を許したのに、結婚式の当日になってタカシは「お父さんの息子になる自信がない」と姿をくらましてしまう。しかし、やはり彼女を愛していると見えて再び戻ってきたのだった。父親はユキコに「全く何でこんな野郎と・・・縁談なんて山ほどあったんだよ、わしに似てお前綺麗だから・・・全く今の若いモンの気持ちは・・・」などと言っていますが・・・?



サントラCD「飛び出せ!青春 ミュージックファイル」
バップより発売中(VPCD-81009 税別2,427円)。





inserted by FC2 system