花王 愛の劇場 婚期


オープニングタイトル

出演者クレジット

小林夕岐子さんはバーの店員役

「はるちゃん」と呼ばれている

【登場人物紹介】 【スタッフ&主題歌】 【小林夕岐子・大田黒久美出演回リスト】

ストーリーダイジェスト
【第一週】 【第二週】 【第三週】 【第四週】 【第五週】 【第六週】 第七週】 【第八週】


渡邊豊信さんが録画されていた「婚期」のβテープが、全話(40話)分発掘されました。本作は昭和48年7月2日〜8月24日の放送で、『五番町夕霧楼』同様、「花王 愛の劇場」枠の昼メロドラマ。原作はなく、高橋玄洋氏のオリジナル脚本です。

小林夕岐子さんの役どころは、主演・日色ともゑさんの叔母・渡辺康子さんが経営するバーの店員“はるちゃん”こと春江。#2より登場し、その後1話おきくらいのペースで出演されています。#2では、再婚を勧められている山本学さん(←実は病弱の妻がいる)に向かって「私なんかどう?若返るわよ」とからかっていましたが、渡辺康子さんに「駄目よ。この子、色気がないんだもの」なんて言われていました。

日色ともゑさんの妹に大田黒久美さん、弟に谷岡行二さんという『飛び出せ!青春』コンビもレギュラー出演。また、『五番町夕霧楼』にも出演している桜田千枝子さん、古谷一行さんも。ちなみに、桜田千枝子さんは『婚期』と並行して円谷プロの『ジャンボーグA』にもレギュラー出演されていました(←『五番町夕霧楼』と同じようなバーのママさん役)。なお、渡邊豊信さんによると、『婚期』『五番町夕霧楼』も、クレジットはないものの実質的に制作を担当したのは円谷プロだったそうです。



※『五番町夕霧楼』『婚期』に関しては渡邊豊信さんをはじめ、SINOさん、緑一色さんに多大なご協力を頂きました。ここで改めてお礼申し上げます。



inserted by FC2 system