牧 麗子(牧 れい)さん


東宝俳優養成所で小林夕岐子さんと同期(6期)である宮内恵子さんは、1969年に牧麗子と改名して歌手デビューを果たしました。牧麗子名義で東芝=エキスプレスから3枚のシングルとオムニバス盤への2曲、後に牧れいと改名してからビクター配給のポップレコードから「悲しい女の子」「帰りたくないの」をリリースしています。
●Express=Toshiba EP-1154(1969年6月)

「夕焼けは知らない」
 なかにし礼 作詞
 横内章次 作曲
 川口真 編曲

「マドモアゼル・フィフィ」
 なかにし礼 作詞
 川口真 作曲・編曲

【CD音源】

「girlie cherie & sweet」
(ワーナーミュージック・ジャパン WPC7-8595
1999年1月25日発売 1,800円+税)
「マドモアゼル・フィフィ」を収録
●Express=Toshiba EP-1212(1970年3月)

「かりそめの恋」
 桑原美絵 作詞
 増田和明 作曲
 田辺信一 編曲

「空と海と太陽と」
 尾中美千絵 訳詞
 F.ドゲルト 作曲
 田辺信一 編曲
●Express=Toshiba EP-1247(1970年8月)

「男好き」
 増永直子 作詞
 平尾昌晃 作曲
 川口真 編曲

「独り占め」
 増永直子 作詞
 平尾昌晃 作曲
 川口真 編曲

【CD音源】
東芝ファミリークラブ「魅惑のムード秘宝館」
(6枚組 15,000円+税)「男好き」を収録。
●Pop=Victor POP-13(1972年1月)

「悲しい女の子」
 山上路夫 作詞
 鈴木邦彦 作曲
 青木望 編曲

「恋はかんじるもの」
 山上路夫 作詞
 鈴木邦彦 作曲
 青木望 編曲

※以上のシングルレコード資料提供・吉田明裕様(土龍団)
●Pop=Victor POP-17(1972年12月)

「帰りたくないの」
 山上路夫 作詞
 鈴木邦彦 作編曲
 
「たそがれに泣く」
 山上路夫 作詞
 鈴木邦彦 作編曲
※外ジャケットはイラストのみで、 牧麗子さんは写っていない。内ジャケットには「夕焼けは知らない」の顔写真がモノクロで掲載されている。
(情報提供・緑一色様)
アルバム「V.A./海と空と太陽の祭典」
Express=Toshiba EP-7750(1970年5月)
「愛のお城」
 高村伸 作詞/菅谷幸三 作曲/山屋清 編曲
「小ちゃな恋」
 太田忍 作詞・作曲/青木望 編曲

【CD音源】
「喫茶ロック〈EXPO&ソフトロック編〉」
東芝EMI TOCT-10787  2002年6月26日発売
 2,600円+税)
「小ちゃな恋」を収録。


「東宝映画」1969年7月号広告(資料提供・NOBO様)
牧 麗子(本名:宮内恵子)

生年月日…昭和24年6月21日
出身地…名古屋
最終学歴…昭和43年3月精華学園卒業 昭和40年9月東宝入社
映画…「でっかい太陽」「燃えろ!! 太陽」「日本一の男の中の男」「年ごろ」
TV…「天下の青年」「太陽野郎」「コメットさん」「ウルトラ・セブン」「でっかい青春」
趣味…旅行,テニス,ギター
身長体重…158cm,43kg(B:80,W:58,H:85)
特徴…多少ボーイッシュで「青い麦」的なオイロケあり(?)ヨーロッパ凰のクラシカルな気品のある雰囲気とシャネルの香りを持ち,同時に極めて現代的なセンスを合わせ持った不思議な女の子(ホント!)。声は高からず低からず,極めてサワヤカ。今回,歌手としてのデビューを契機に改名。かつての青春スターから脱皮し,“大人の雰囲気を持った女の子”として再発場。本格派歌手兼映画俳優を目標に勉強中。

※「夕焼けは知らない」シングル盤解説より
2003.6.14


inserted by FC2 system