おれは男だ!
第11話「明日へ向かって突っ走れ!」


ストーリー
青葉高校と相沢高校の剣道部合同合宿が行われることになった。青葉高校写真部員の河村悦子(市地洋子)も従軍カメラマンとして合宿に参加する。悦子は、合宿中の弘二(森田健作)と丹下竜子(小川ひろみ)の仲睦まじいツーショット写真を大量に撮影し、彼女なりに気を利かせて、その写真を「丹下さんからのプレゼント」と称して弘二に手渡す。ところが弘二は、校内でその写真の入った封筒を落としてしまい、よりによってバトン部の秋本京子(田坂都)に拾われてしまう。

案の定、バトン部によってその写真が校内に貼り出され、大騒ぎに。「これは青葉の風紀問題よ!」と、操はいつもの調子で弘二を責め立て、さらに「この封筒にはもう一枚写真が入ってたわ。何だと思う?丹下竜子のヌードよ!」と追い討ちをかける。弘二は「ええい、ばかばかしい!」と憤慨し、貼り出された写真を引き剥がすと、悦子のところへ飛んで行った。悦子を問いただすと、案外あっさりと真相を白状した。「だって、丹下さんは小林くんのこと好きだと思ったから・・・」。それを聞いて一瞬表情が強張る操。竜子のヌード写真は悦子が間違えて封筒に入れてしまったのであった。

そんな所へ、なんと当の丹下竜子が姿を現した。だが竜子は「河村さんは純粋に芸術的興味から私の写真を撮ったんだと信じるわ」と、ずいぶん寛容なのであった。


MEMO
弘二(森田健作)の自宅に丹下竜子(小川ひろみ)から電話がかかってくる。「何だ君か」と気安く応対する弘二に竜子は、「何だとはひどいわ。小林君、私って小林君にとってその程度の女なの?」。丹下竜子もかなり積極的になって?来ています。




inserted by FC2 system