おれは男だ!
第9話「女なんか恐くない!」


ストーリー
柔道同好会の岩田(石橋正次)は、ある日、故障したエレベーター内に多数の女性と一緒に長時間閉じ込められてしまった。そこで体験した生々しい女性の本性や体臭に圧倒され、彼はすっかり女性恐怖症になってしまう。そのトラウマから彼は、友人の小野夏子(小野千春)をも「女は臭い」と言って避けるようになってしまう。

弘二(森田健作)や剣道部員たちは、岩田を立ち直らせるために奔走。果てはショック療法と称して、女生徒に岩田にキスしてくれと頼んで回るが、まるで相手にされない。そこで弘二は「俺に任せとけ!」と自信ありげに操(早瀬久美)に頼み込むが、けんもほろろに断られてビンタ一発。

何か解決法はないのか。「本当にすばらしい女性が優しくしてあげることしかない」という、弘二の兄・一郎(河原崎長一郎)のアドバイスで、操の姉・美穂(秋山ゆり)に頼んで岩田とデートしてもらうことになった。美穂と岩田が訪れた海岸で、岩田に嫌われてしまったと誤解した小野夏子が寂しそうに佇んでいた。死にに来たのだという。岩田は美穂に説教され、思い切って夏子に本心を打ち明け、彼女にキスをする。思わず身を固くする夏子だが、次の瞬間、バチーン!と夏子の強烈なビンタが岩田に炸裂。だが、このおかげで岩田の女性恐怖症も吹き飛んだ。

柔道同好会初の対抗試合。対するラファエル高校の選手は全員が女性(ゴールデン・ハーフ)であった。自分の出番が近づき、再び女性恐怖が再発してしまう岩田だったが、弘二が機転を利かせて夏子に「海岸でやったのと同じこと」をしてくれ、と頼み込む。再び夏子のキツイ一発を受けて完全に立ち直った岩田は、ラファエル高校の面々を次々と投げ飛ばすのであった。


MEMO
柔道同好会の対抗試合の後、操に「ねえ、あれ何のおまじない?」と聞かれた夏子は、ついこの間まで岩田のことで取り乱していたことはおくびにも出さず、「岩田くんに女性の素晴らしさを教えてあげたのよ」と、さらりと受け流す。女生徒の前ではクールに振る舞ってみせる生徒会長さんでした。今回初めてメガネを取ったが、なかなかの美人!です。




inserted by FC2 system