マドモアゼル通り
第16話「はるかに遠い星」


キャスト
紀比呂子/黒沢のり子/徳永れい子・山田はるみ/渡辺ふみ子・麻乃茉莉子・遠藤孝子/池田純代・遠藤栄美子・生出トキ子・赤井由香子・田中佐代子・(ナレーター)中村正/木下ゆず子・松岡はる美・木村レミ/小林幸子・田中三津子/桜むつ子・山口哲也/村井国夫/弓恵子


ストーリー
第1回日本デザイン大賞の告知が大々的に行われた。1位に選ばれれば、賞金一千万円と、一年間のパリ留学が与えられる。だが、緒方服飾デザインスクールを退学した裕子(紀比呂子)には、はるかに遠い夜空の星のようなものであった。その頃裕子は、新聞の求人欄を頼りにデザイン会社を回っていた。少しでもデザインに関連する仕事に就こうと彼女は必死だったが、なかなか上手くいかない。

裕子は美容師である友人・スミ子(黒沢のり子)の寮に居候していた。その日裕子が帰ってくると、スミ子は一枚の名刺を裕子に渡した。スミ子の店に有名なデザイナー・林ヨシエがやって来て、スミ子が裕子のことを話したところ、デザイナーの青木(村井国夫)を紹介してくれたというのだ。早速その名刺を持って青木の会社を訪れた裕子だが、採用は断られてしまった。彼の会社はローリング商会と深い取引関係にあり、三上裕子の名前は、ローリング商会の新製品を盗作し、それを康蘭に売ったという例の事件で知れ渡っている。それがたとえ事実でないとしても、この世界ではまだ耳新しい事件であり、裕子を採用することは出来ないというのだ。「僕個人としては君を採用してもいいと思っている」と言う青木だが、裕子は「今さら同情は結構です」と会社を後にした。

翌日、緒方服飾デザインスクールを訪れた青木。彼は学院教師の黒沢(山口哲也)と美校の同級生であった。青木から、裕子が求人に応募してきたことを聞かされ、一連の事件は事実なのかと問われた黒沢。「違う。・・・彼女は罠にかかった子羊だ」黒沢の答えに青木は納得するが、彼は立場上、裕子を採用することが出来なかった。一方の黒沢も「無知は罪悪でもある」と言って裕子を納得させることしか出来ず、退学に追い込まれた彼女を救えなかったのである。裕子は自分の力で必ずまた這い上がってくる、と信じる黒沢だったが、「彼女は今、誰かの助けを必要としているのではないか」という青木の言葉は彼の胸に突き刺さった。

黒沢はその日の授業後、スミ子とともに堀部美容室の寮へ向うが、裕子は既に置き手紙を残し部屋を出ていた。その頃、裕子は“FULL FULL”に来ていたが、そこへチエ(小林幸子)が現れ、裕子が仕事と住む所を探していると聞いたチエは、富士急ハイランドに自分の友人がいるから、と彼女にそこでの仕事口を紹介。しばらくして黒沢とスミ子も“FULL FULL”にやって来たが、裕子とチエは店を出た後だった。黒沢は、ヴィラカトレア寮に帰ったチエから、裕子が富士急ハイランドのホステルで働くことになったと聞かされる。


予告
(裕子のセリフ)私はここで働くウエイトレスですから・・・」。しかし、裕子の苦悩は富士に陰る。次回「富士に誓う」にご期待ください。


MEMO
冒頭、広美(徳永れい子)とヒデコ(渡辺ふみ子)に富士急ハイランドのスケートの券を売りつけに来るチエ。実はこれが伏線になっているのですが、裕子が(わざわざ)富士急ハイランドでウエイトレスを始めるという展開はかなり唐突です。これまで通り“FULL FULL”でバイトしていればよかったのでは・・・?今回はまずタイアップありきという感じで、やや無理のある脚本だったように思います。

予告では、レギュラーメンバー達が富士急ハイランドでスケートに興じています。片岡咲子(山田はるみ)や小野沢孝子(麻乃茉莉子)の姿も見えますが、学院を退学した裕子を富士急ハイランドまで追いかけ、なおも苛めようとするのか?

今回のエンディングナレーション「その頃三上裕子は、ひとり富士五湖に向かうバスに揺られていた。あの山の向こうには、どのような険しい道が裕子を待っているのだろうか・・・」“ドナドナ”の歌が聞こえてきそうです・・・。

今回は黒沢のり子さんがクレジット順2位で、一枚看板となっています(前回までは徳永れい子さんが先)。黒沢のり子さんは「アテンションプリーズ」では紀比呂子さんの同僚スチュワーデス(南啓子)、「コートにかける青春」では紀さんと同じテニスクラブの先輩(沢田)を演じていました。本作では同じ山梨から上京してそれぞれの夢を目指す親友同士です。

スミ子の部屋に残されていた裕子の置き手紙。画面で確認できる部分を採録します(実物は縦書き)。

おスミ

私は出て行きます。
貴方に黙ってこんな事するのは
とてもつらい事ですけど、
貴方にこれ以上迷惑を
かける事に耐えられなく
(※ここまで)

初出・2001年9月27日木曜日




inserted by FC2 system