アテンションプリーズ
第24回


ストーリー&みどころ
美咲洋子(紀比呂子)と榊原やよい(麻衣ルリ子)は、今回は一緒に大阪へフライト。驚いたことに、やよいの家族が、彼女に内緒で同じ飛行機に搭乗していた。機中のアナウンスはやよいが担当。「ご搭乗の皆様、間もなくこの飛行機は・・・」「機長は川上、スチュワーデスは・・・美咲、榊原、・・・」途中で「カッコイイ〜!」とやよいの弟が茶々を入れ、彼女は「コラ!」と思わず声を出してしまう。

控え室で談笑している洋子とやよい。家族が乗っていることを迷惑そうにしているやよいだが、自分の一人前の姿を家族に見てもらえて嬉しくないはずはなかった。洋子も同じ気持ちだ。父に早く自分の制服姿を見せたかった。

窓からは洋子の大好きな雲海が見えている。 「うわぁ〜、綺麗だわ!」 本当に嬉しそうな紀比呂子さんの大きな顔がどアップに。

さて、洋子のケンカ友達・堤健二(山内賢)がアメリカのモーゼスレイクの訓練所に行くことになった。かなり急な話だ。夜、スチュワーデス寮に健二から電話が入るが、洋子はフライトで留守。洋子がフライトを終えて戻ってくると、ちょうど健二の乗った飛行機が飛び立つところであった。 健二に佐賀のお守りを渡そうと思っていた洋子。「何でもっと早く出発の日を知らせてくれなかったの!気が利かないわ、まったく」洋子は飛行機の中の健二に向って文句を言ってみるのだった。

お守りを渡しそこなった洋子は、ちょうどサンフランシスコへ飛ぶ予定のある百合(関口昭子)にお願いすることにした。百合は丁度お化粧塗り塗りで「準備中」でした。

さて、サンフランシスコ。すごいことに、本当に当地でロケをしています。ホテルで百合は、綾子(高橋厚子)に会う。健二と香川妙子(皆川妙子)も来ているという。 百合と綾子は、お届け物を渡すべく、健二のいる日本料理店を訪ねるが、驚いたことに、健二は妙子と一緒にお食事中。しかも中々イイ感じではないか。百合はムッとなってしまい、健二にお守りを渡すとプイと帰ってしまった。

実は健二は、初めて来たアメリカの訓練所について右も左も分からず、妙子に色々聞いていたのだ。そして、101期生はもっと仲良くなれないのかい、というようなことを妙子に尋ねていた。そんな健二の様子に拍子抜けしたのは妙子の方だった。

帰国後、百合は洋子に、アメリカで見た健二と妙子のことを報告する。てっきり洋子と健二が恋人同士と思っていた百合はかなりおカンムリ。でも洋子は、健二さんとはただのケンカ友達、私の恋人は大空よ、と言ってあっけらかんとしている。百合は「ごめんなさい、つまんないこと言っちゃってー」(←このボソボソッとした言い草が最高!)とバツが悪そうに部屋を出ていった。

そうは言っても、洋子も内心ちょっと気にはなっているのだった。でも、落ち込むような洋子ではない。「変な誤解されるのも、私がアメリカに行けないからだわ。頑張らなくっちゃ!」と前向きに考えるのでした。

初出・1999年10月28日




inserted by FC2 system