「週刊朝日」1967年6月30日号


資料提供・竹内博様


こっ、これは・・・デビュー前の「お宝発掘写真」か!?私も初めてこの表紙を見た時は大変驚きました。映画やテレビ等でのお姿とはまた違った雰囲気の、素のままといった趣きの可愛らしい小林夕岐子さん。いわゆる素人モデル企画としての登場のようです。

元々この資料については、竹内博氏から「昭和42年の『週刊朝日』で小林夕岐子さんが表紙の号がある」という情報を頂いたのですが、ちょうど松嶋菜々郎さんが国会図書館で調査してくださり、6月30日号であることと、素人モデル企画で登場されていることを報告して頂きました。その後、竹内氏が古書展で現物を発見されたとのことで、私あてに送付してくださり、今回こうして画像を紹介することができました。

目次ページには「表紙の人 小林夕岐子さん(20歳・無職)」とあるのですが、これは素人モデル企画として載せるためにあえてこういう表記にしているのでしょう。小林夕岐子さんは1965年に高校を卒業後、予備校で浪人中に(再度)スカウトされて東宝俳優養成所に入っています(『血を吸う人形』DVDオーディオコメンタリーによると、高校在学中にも一度スカウトされたとのこと)。「近代映画」1968年5月号によれば、養成所入りが1966年、東宝入社が翌67年3月ということで、今回の「週刊朝日」発行当時には既に東宝の専属女優となっているはずです。


2005.8.20



inserted by FC2 system